30後半のおっさん視点の世界

いろんなゲームのことをメインにごくたまに雑記のようなものを書きます。

Winning Post 9 プレイ日記的なもの

ウイニングポスト9は前作までとはいろいろなところが違ってなかなか難しいですね(´・ω・`)

f:id:purin0203:20190330205911j:plain

ウイポ9ちょろちょろとやっていますが、これがまたなかなか難しい(´・ω・`)

 

前作までとの違い

・5月1週目の種付け株のセールが『なし』

・金札の上の虹札が登場

・他人物(牧場主や調教師や騎手)と知り合う手段が結構減ってる

 

このあたりが気になったところですね。

虹札について 

f:id:purin0203:20190330210422j:plain

プレイ画面の切り抜きなのですが、これが所持している各札の枚数状況です。

一番左のが虹札なのですが、 競走馬にも『虹札相当の馬』が登場しております。

f:id:purin0203:20190330210739j:plain

参考程度にですが、ゲーム内の2001年の子馬一覧の一部です。

画面ではキングカメハメハとメジロフランシスが虹札になっております。

メジロフランシスに関しては競走馬としては弱いですが、モーリスの母馬なので虹札ということですね。

 

ちなみに虹札馬のやっかいなところは

 

セールに出てくるはずの馬もセールに出てこない(条件とかあるのかな?)

 

というところですね。

8月1週目の国内セールや12月3週目の海外セールに出てくる馬を競り落としたくても、虹札になっている馬はセールラインナップに出てこないので買えませんでした。

 

テイエムオペラオーとかエルコンドルパサーとかクロフネとか

 

もしかしたらプレイランクをあげれば虹札も出てくるとかはあるのかもしれませんが、そこはまだあまりやれていないので確認できておりません。

最序盤攻略?

自家生産馬にこだわるプレイの方には縁がありませんが、史実馬では二年目の1992年の12月3週目の海外セールで金札の馬として登場する『ヒシアマゾン』の購入が手っ取り早いです。

プレイ難易度を何に設定しているかにもよりますが、国内牝馬三冠やアジアマイル制覇などを視野に入れれる能力の持ち主です。

 

なお価格はセールでおそらく10憶前後まであがりますw

自家生産馬でやっとG1勝てました

海外セールで購入したヒシアマゾンを走らせて繁殖に上がらせてから誕生した子が、自家生産馬として初めてG1を勝ってくれました。

f:id:purin0203:20190330212621j:plain

現在プレイ中のためまだ引退前ですが、牝馬三冠に王手をかけるという活躍っぷりw

f:id:purin0203:20190330212744j:plain

サブパラは割と優秀なんですが、一番大事なスピードが若干残念ですね・・・。

成長型が早熟なのが活躍の理由でしょう。

f:id:purin0203:20190330212853j:plain

血統は『ミスターシービー』✖『ヒシアマゾン』という配合になっています。

とりあえず三冠配合でもしとくかって程度で配合しただけなのに活躍してくれてありがたい(`・ω・´)

最後に

今作導入された『絆』システムが割と頻繁にゲームの進行を遅らせてちょっとテンポが悪いと感じました。

もちろんオート進行があるためすっ飛ばすこともできますが、年度最初の1月1週に新しい人物と知り合える絆がもらえるのでそこだけはきっちりしときたいですね。

 

ではでは~