30後半のおっさん視点の世界

いろんなゲームのことをメインにごくたまに雑記のようなものを書きます。

Path of Exile というゲーム 始め方とアイテムフィルター導入方法 (初心者向け)

自分が普段よくやっている『Path of Exile』というゲームの始め方だけw

f:id:purin0203:20181120100729j:plain

 

 

 

Path of Exile』というゲームはニュージーランドの『GGG(Grinding Gear Games)』というゲーム会社のハックアンドスラッシュ系の作品です。

サービス開始から五年ほどたっているゲームですが、コアなファンも多い人気なタイトル。

基本プレイは無料 (別途アイテム課金あり)です。

課金といっても性能に直結するものではなく、倉庫や外観スキンでの課金になっています。

 

Path of Exile』はクライアントが二種類あり、公式HPからアカウントを作成してクライアントをDLしてプレイする方法と、SteamからクライアントをDLしてプレイする方法の二種類があります。

 

私はSteamクライアントのほうからプレイしております。

 

以降は『Path of Exile』のことを『POE』と略称で言っていきます。

ログインしてみよう

f:id:purin0203:20181120104019j:plain

 画面中央ちょっと下の『GATEWAY』というところから、どこからゲームへアクセスするかを選択します。

まぁjapanでいいでしょう。(昔はjapanがなかったのでping的にきつかったみたいです)

 

プレイするリーグを選択してみよう

f:id:purin0203:20181120104321j:plain

 

 まず大きく分けると『ソフトコア(青い旗)』『ハードコア(赤い旗)』の二種類があります。

 

・ソフトコアとハードコアの違い

ソフトコアモードはキャラクターが死亡しても経験値が一部ロストするだけでコンテニューができるモードと思っていただければいいです。

ハードコアモードはキャラクターが死亡した場合、別のリーグへキャラクターが飛ばされます。

 

キャラが死亡した場合に、そのリーグでプレイを続けられるかできないかの違いがあります。

 

・リーグってなんぞ?

 リーグは大きくわけで『スタンダードリーグ』と『チャレンジリーグ』があります。

 

スタンダードリーグ』とは『POE』の基本的なことがつまったリーグです。(画像の①)

チャレンジリーグ』とは『スタンダードリーグ』の要素に加えて、三か月周期となりますが新しい要素やアイテムを加えたリーグとなります。(画像の②と③)

三か月の期間を終えてリーグが閉じると一週間くらいのインターバル期間をえて、また別の新しいチャレンジリーグがはじまります。

三か月周期で常に新しいリーグ要素を提供してくれるのはありがたいw

 

 基本的にプレイヤーの多くは画像の②と③の『チャレンジリーグ』にいますので、始めてみようと思った方は②か③を選択して画像下のOKを押してキャラクターを作るといいでしょう。

 

最初はまず②のチャレンジリーグのソフトコアを選んで『Solo Self Found』にはチェックを入れずに始めてみるのがいいと思います

このモードが一番プレイ人口が多いと思われます。(配信者はハードコアが多いです)

 

なお『ソフトコアとハードコアの違い』でハードコアのキャラクターは死亡したら別のリーグへ飛ばされると記述しましたが、画像③を選択して作成したキャラクターが死亡した場合は①のスタンダードリーグのソフトコアにキャラが移動します。

 

 チャレンジリーグのハードコアで死亡せずに三か月のリーグを終えた場合、そのキャラは画像①のスタンダードリーグのハードコアに移動します。(その後に死亡したらスタンダードリーグのソフトコアに移動)

 

画像①のスタンダードリーグの『Hardcore』にチェックを入れてキャラを作成した場合、スタンダードリーグのハードコアのキャラとして生成され、死亡した場合は画像①のスタンダードリーグのソフトコアにキャラが移動します。

 

・Solo Self Foundとは

上のほうの画像の①②③のすべてに『Solo Self Found』というチェック項目が見えるかと思いますが、こちらは他プレイヤーとの物品のトレードができないモードとなります。

アイテムのすべてを自己調達することになるモードですので、より難易度の高さを求める人はここにチェックを入れてキャラ作成するといいでしょう。

 

f:id:purin0203:20181120113012j:plain『ソフトコアの死亡画面』

①町へ戻る

②最寄りのチェックポイントへ戻る

 

 

 

 

f:id:purin0203:20181120113204j:plain『ハードコアの死亡画面』

ソフトコアの①と同じ町へ戻るという選択肢のみ

これを押した瞬間リーグ移動します。

 

 

キャラ選択をしよう

プレイするリーグを選択したら次はキャラ作成です。

f:id:purin0203:20181120113659j:plain

①テンプラー

②シャドウ

③マローダー(個人的に一番好きw)

④サイオン(ちょっと特殊なキャラ)

⑤レンジャー

⑥デュエリスト

⑦ウィッチ

 

お好みのキャラを選んで名前を付けたらゲームスタートです。

④のサイオンは少し特殊ですが、ほかのキャラクターはそれぞれ固有(各三種類)の二次職のようなものがあります。

 

『POE』というゲームはキャラを育成するということはレベルをあげてポイントを取得しパッシブスキルツリーを育てていく形になります。

 

そのパッシブツリーがこちら

f:id:purin0203:20181120114540j:plain

上記画像はマローダーを選択したときのものですが、見てわかるとおりすんごいことになっています。

各キャラクターでパッシブツリーのスタート地点が異なりますが、ムキムキのキャラで魔法うったり魔法をうつ感じのキャラでごつい武器振り回したりもできるので見た目が同じでもキャラ性能は千差万別です。

 

・ゲームプレイする際に入れておいたほうがいいもの

ハクスラというゲームジャンルを経験された方はご存知のことではありますが、このジャンルはアイテムがたくさんドロップします。

このゲームはデフォルトの状態だと非常にやりづらさがあるので下記の『Filterblade』というアイテムフィルターをDLすることをおすすめします。

FilterBlade - PoE Filter Customizer - Finetuned for NeverSink's Filter

 

①DLする

f:id:purin0203:20181120115920j:plain

 画像の①の『DOWNLOAD』をクリックします。

f:id:purin0203:20181120121942j:plain

次に画像の位置の『As ZIP』をクリックしてZIPファイルとしてダウンロードします。

ダウンロードしたZIPファイルを開き、中のものを全部『Path of Exile』のフォルダの中にコピーして投げ込みます。

『Path of Exile』のフォルダは

 

『PC』→『ドキュメント』→『My Games』→『Path of Exile』となっています。

 

②ダウンロードしたフィルターを適用する

POEのフォルダにZIPファイルの中身を投げ込んだら次はゲーム内で設定をします。

f:id:purin0203:20181120123707j:plain

①の『UI』のタブの下のほうに『List of Item Filters』という項目があります。

ここで落とし込んだフィルターを選択し、『SAVE』すれば適用されます。

 

落とし込んだフィルターにはレギュラーだとかいろいろありますが、まず最初はレギュラーでいいかと思います。

 フィルター一覧の下にほうにいけばいくほど表示するアイテムを絞っていくといった感じになります。

『FilterBlade』自体がものすごくカスタマイズに富んだものなので、ゲームをやってみて継続するようになったときはカスタマイズフィルダー等に挑戦してみてください。

 

 ・最後に

POEは日本語化はまず期待できず、日本語wikiも更新が止まっているといった状況になっております。

情報収集は日本人配信者の配信で聞くだとか熱心なPOEブロガーさんのブログで情報を収集するだとかが必要にはなってきます。

 

ただしハマれば三か月ごとに新しい要素を含めたリーグを提供してくれるので、新リーグが始まったら一か月くらいやって残りの二か月は別のゲームといったことを繰り返せます。

 

ブログに関しては『個人的PoEめも(仮)』さんと『Path of Exile - あぶそ』さんが内容も詳しくボリュームもあるので勉強になります。(わいのブログは導入部分だけw)

 

↓↓↓ twitch Path of Exile 配信 ↓↓↓

www.twitch.tv

 

↓↓↓ 個人的PoEめも (仮)さんのブログ↓↓↓

blog.livedoor.jp

 

↓↓↓ Path of Exile - あぶそ さんのブログ↓↓↓

a-vs-o.com

 

↓↓↓ 12月頭から始まる新リーグの公式トレーラー↓↓↓

www.youtube.com

 

ではではみなさん、POEをお楽しみください。

POEのあれこれは・・・・・死んで覚えましょう()